« パチンコの構造不況 ~ グレーゾーンのギャンブル ~ | トップページ | 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その2 »

2011年3月19日 (土)

今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その1

今回の東北大震災、発生の第一報を聞いた時にはこれほどの大災害になるとは全く思っていなかった。正直津波さえなかったらもっともっと被害は少なかった筈だろうけど、その津波でさえ今までの私の感覚ではこんな恐ろしい被害をもたらすものだとは思ってもみなかった。

日本には防波堤にしろ、建物の耐震対策にしろ、過去の災害の経験を踏まえて世界でも最も高いレベルの対策が施されていると勝手に思っていたから。

私は幸いにも被災地から遠く離れており、今も安心して生活が出来ている。
この幸運に感謝しつつ、東北の方々にはこれからも長く続いていく震災との闘いを応援したいと思っています。

前置きが長くなってしまったが、ブログタイトルにある通り、このブログはパチンコ・パチスロという娯楽に対する苦言を呈するものとして記事を書いています。
だから今回はこの震災に際して業界がどういう対応をしているか?ネット等で見聞きした事に基づいて「苦言」を呈したいと思います。

まず、こういった巨大な災害で苦しんでいる人が大勢いる中で業界はどうあるべきか?
他のエンターテイメント業界ではどうなのかも併せて考えてみたい。

エンターテイメント業界といっても幅広いが、共通する事として「社会が平和で安定している事」が業界が成立、繁栄するためにはどうしても必要でしょう。
例えば国が戦争状態にあったとしたらプロ野球だって、Jリーグだって、お笑い番組だって今のように出来るとは思えない。

つまりこういった業界に身を置く人達は自分達の為にも「社会を守る」動機があるとも言える。もちろん心の底から善意で寄付を行ったり、ボランティアをしたり、呼びかけを行う人も当然います。これは普段から「この人達に俺は、私は支えられている」と実感を持っている人であれば「今度は俺が、私が支える番だ」とごく普通に考えるからかも知れません。

いずれにせよ多くの有名人が様々な形で支援を行い初めています。
そして残念な事に支援を行っても批判をする人もまた出てきます。

さて、こういった状況でパチンコ業界はどうなのでしょうか?
良い例としては各店での募金の呼びかけをしているホールはかなりあります。以外と普段から募金箱を設置しているホールも多い。また大手ホールチェーンには企業として寄付を行った所もあります。

しかし、です。一方でとてもみっともない行為をしているホールも沢山あるようです。
代表的なものは大手ホールチェーン(寄付とした所とは別)の都内のお店では計画停電に対して非協力的な態度をとった所があるとか。業界団体としては電力消費の激しくなる18時以降の節電に協力するために短縮営業を要請したのだが、このホールは「3時間営業を短縮はするがそれは午前中に行う」と言って夜間の営業を強行したとの事。
さらに悪いことにはそれを見て近隣の他のホールも夜間の営業を再開した所が出てしまったそうだ。勝手な行動をとったホールが儲けて、売上減を承知で正直に通達に従うのがばかばかしくなった等の理由からだとか。
もっと単純に「従わなくてもいいんだ」と安易に考えたホールもあるかも知れない。
「大手がやるんだったら批判はその大手に行くからうちも乗っかってしまえ」という考えのホールもあったかも知れない。

いずれにせよこの時期、このタイミングで人々が節電に励む中、堂々と営業をするパチンコ屋を心よく思わない人が沢山出てくるのはごくごく自然な事だと思う。
過度な自粛は控えるべきだが、東電管轄地域が電力不足に陥り、計画停電の対象地域に(これは東電のミスだが)被災地が含まれてしまうような状況下で営業を自粛するのは当然では無いだろうか。
そもそも電車等、移動手段も極端に制限されている状況で夜遅くまで営業した所で繁華街のホールには普段ほどには人が集まるとも思えないし、家族を持つ多くのサラリーマンも家に帰らずパチンコを打つ等する気分になれない人も多いだろう。

また同じような理由で外食産業も客数が激減しているという話も聞く。
要は被災地とその周辺地域は「今はどこも苦しい」のだ。当然の事である。

なのにこれでは・・・・ちなみにこの大手ホールチェーン店含む一部ホールの「暴走」によって業界団体は「18時閉店自粛」という方針を変更し「営業時間3時間短縮自粛」としてしまった。全くもって愚かな対応だと思う。善意をもって寄付をしようが何をしようがこの一件でふっとんでしまったように思うのは私だけだろうか?

社会の風潮に全て同調する必要は無い、無いが安全、安定した社会があってそこに住む人々に支持されてこそのエンターテイメント業界である。その業界がわざわざ批難されても仕方が無いような事を次々とやっている。はっきり言えば大馬鹿野郎共だ。

何度も言うが業界人(ホール関係者、メディア関係者等)には今回の震災に心を痛め、自分達に出来る事を懸命にしている人達が確かにいる。しかしほんの一握りの金に目のくらんだ馬鹿野郎どもがそれを台なしにしている。信頼を得る事よりも信頼を失う方が遥かに簡単なのにそれを全く理解していない。

こういう事を平気でやる人間は自分達が社会に生かされている存在であることを忘れているとしか思えない。そういう人はどの世界にもいるが、その本音が余りにも見え透いてしまう。「頭の悪い小悪党」といった所だろうか。

この一件には本当に呆れてしまった。どうかパチンコ好きな人も、良識ある業界人もこういった態度を許さないで欲しい。同業者の中から、パチンコファンの中からこういったホールを批判する声が上がり責任を取らせない限り信頼が回復される事は決して無いと思う。

それはファンの減少を加速させるだろう。
またカジノ法案等の話もある中でこんな醜態を晒す業界が支持されはしない。
つまり日本でカジノを運営することが正式に認められた時に併せてパチンコも換金の合法化等が認められるという話がある。が、むしろ逆の結論となるのではないか。
合法化どころか、今の三店方式も違法とされ、釘調整も違法とされ事実上パチンコ業界が消えてなくなるかも知れない。まさに「パチンコがなくなる日」が身近に迫っているように思えてならない。

だってパチンコファンを自認する私でさえ「それでもいいんじゃないか」と思うのだから。

|

« パチンコの構造不況 ~ グレーゾーンのギャンブル ~ | トップページ | 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526292/39281971

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その1:

« パチンコの構造不況 ~ グレーゾーンのギャンブル ~ | トップページ | 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その2 »