« 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その2 | トップページ | 東北大震災・・・ちょっとパチンコから離れてみる »

2011年3月19日 (土)

今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その3

第三弾です。多分、これが最後・・・かな。

このブログに変えてから最初に3つほど記事を書きました。
色々と私が感じている懸念を話したのですが、今回の未曽有の震災という危機に際してそれが一気に表面化してきているように感じたのです。

一言で言うならパチンコ業界は脆い、脆弱だと言う事。

脆弱になった理由は新台だったり、元々の成り立ちだったり、ビジネスモデルの問題だったりする訳ですが、その結果としてファンを減らしてきました。
数字にすると一部稼働が上がっていたり遊技人口が増えている面もあるようですが、増えている遊技人口というのは「ファン」では無いのだと改めて感じたのです。

例えば、約束の時間までまだ1,2時間あるな、って人が1円パチンコで時間を潰す。そんなものも遊技人口には当然含まれている筈。
だとすると本当にパチンコ好きな人達はやっぱり減ってるんじゃないか?減り続けてるんじゃないか?多分そうなんでしょう。

だからこういう災害に際してパチンコ業界へのバッシングが激しくなる。本当のファンが沢山いるのならある程度は抑えられます。
例えばお笑い業界。普段やってるようなバラエティーは今やったら叩かれるでしょうね。劇場でやってたって不謹慎だと言われるのかも知れない(実際に言われているかも知れない)が、パチンコほど大きなものにはなってないようです。
スポーツもそうでしょう。シンディ・ローパーが日本公演をそのままやると言っても誰も批判しない(まぁビッグネーム過ぎるだけかも知れませんが)。

やっぱりエンターテイメント業界って「ファン層の厚さ」が力の源泉なのでしょうね。
普段売上が上がっていようと利益が上がっていようとファンをちゃんと獲得出来ていないのならこういった時に非常に弱い。だって誰も庇ってくれないから。むしろこんな時にアンチに変わってしまう人が大勢出てしまうから。

以前述べたような理由でパチンコは元々パチンコを愛する人達をつまはじきにしてきました。だってそういう人達は「上手いから」「抜けない」のです。
過度な新台導入のつけが釘調整に及んでくると「じゃあいいや」と辞めてしまう。上手くても辞めない人達というのは「プロ」と呼ばれる人達でこれはこんな状況でも勝ってしまう。
そうなるとパチンコファン以外から稼働を上げないといけなくなる。負けてくれる人をもっと増やさないといけなくなる。
だからもっと新台を入れる。メーカーも稼働支援と称してCMをバンバン流す。それらのコストはさらに釘調整を悪くする。

大地から栄養を吸いとり続けて砂漠に変えてしまうようなものです。「還元」という補給をしないから吸いとり続けるだけになってしまう。それでも人を集める為にきらびやかに飾る。アピールを続け、呼びかけを続ける。

ちょうどいい言葉がありますね。砂上の楼閣という奴です。

パチンコ業界は自らの足元をどんどん砂漠に変えて、代わりに見栄えだけを立派にしようとし続けてきたのがここ数年の歴史だと言えそうです。

そして皮肉にも地震がパチンコという楼閣を揺らしています。足元の砂が震え、楼閣を支えきれなくなってどんどん沈んでいっている。今はまさにそんな状態なんでしょうね。

こうやって考えると自業自得なんだという事がよくわかる。
何も無い時には儲ける事が出来るが、こういう時に全く耐性が無い。想定していないから。
リスク管理が出来ていないとも言える。どんな状況になっても業界として企業として生き残る為の計画が無いのだ。

少なくとも自分達が危うい立場にある事を認識していれば最低限「生き残る」事を担保する為にどんなリスクがあって、どう対処すべきか?の議論はしていて然るべきだった。
それが認識が無かったのか、リスクを認め対処法を考える事を「不謹慎」だと考えていたのか、それとも考える事が(自分達の不誠実さを)認める事に繋がるからあえて見ないフリをしてきたのか。

中の人間でない以上、どれが正解なのかはわからない。どれでも無いかも知れない。

今回のような震災等細かい事象を想定することは不可能に近いだろう。しかし直近では北朝鮮と韓国の間で緊張が高まった事件があった。もしも隣国が戦争状態に突入したら業界にはどんなダメージがあるのか考えてみた事はあるのだろうか?そうでなくとも北朝鮮に送金しているなどとまことしやかに批判される業界である(大した額では無いと言う話も聞くが逆に言えばごく一部は韓国、或いは北朝鮮に流れているという事だろう)。
北朝鮮と韓国が戦争状態に陥ったら米軍は必ず韓国を支援する。そして日本も国連決議等があれば支援をするだろう。
そんな時に国内で真っ先にバッシングを受ける可能性のある業界では無いのだろうか?北朝鮮に軍資金を提供するな(送金停止)、営業をやめさせろ、と一部の在日韓国人が経営しているホール等には批難が集中するかも知れない(北朝鮮かどうかなど区別がつくはずも無いのだから)。或いはどこも同じだと全てのパチンコ屋が批難されるかも知れない。

こんなリスクを想定してみた事はあるだろうか?きっと無いのだろう。だから今回のような事態に、こんなにも対応がバラバラであたふたして、逆切れをする奴まで出てくるのだ。

まずは自分達が「砂上の楼閣」であるという「リスク」を認識する所から始めたらどうだろうか?手遅れかも知れないが何もしないよりはマシというものだろう。

|

« 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その2 | トップページ | 東北大震災・・・ちょっとパチンコから離れてみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526292/39287635

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その3:

« 今回の震災に対するパチンコ業界の対応で思う事 その2 | トップページ | 東北大震災・・・ちょっとパチンコから離れてみる »